小・中学校校長会で講演しました

大分県国東半島の小中学校校長会があり、以下テーマで講演をさせていただきました。

依頼議題)
 これからの未来、IoTも含めた未来の人材育成をどうしたらいいのか?
 校長先生たちはどうしていいのかわからない

ということで、講演名を「どう未来を切り拓いて行くか?」とさせていただき、約1時間に亘って講演をさせていただきました。

主な議題)
 ① 教育現場で未来の子供をどう育成して欲しいか?
 ② 企業として、どんな人材が欲しいのか、ポイントが知りたい
 ③ IT企業で小中学校に何かサポートができるのか (先生たちは時間はない)
 ④ Ruby開発はなぜ姫島にたどり着いたのか。姫島勤務社員はなぜRuby開発に入ったのか
 ⑤姫島をどう育てていきたいのか?(ITアイランドとしても)
 ⑥ 子供たちが姫島から旅立つ、未来は?
 ⑦ IT企業が考える10年後の世界

⑤・⑥については、姫島センター長が熱く語っていただき、当社の思いは十分伝わったのでは考えています。
2020年以降、学校現場から依頼があれば、当社もIT企業として一生懸命フォローして行く方針です