Rubyエンジニアの在宅・テレワーク求人を探す方へ!資格や転職例を紹介

Rubyエンジニアで在宅・テレワーク求人を探すなら!資格と転職例を確認

Rubyエンジニアの在宅・テレワーク求人を検索する際に、持っておきたい資格をご紹介します。

また、Rubyエンジニアとしての転職を成功させる方の傾向についても、併せて解説します。

Rubyエンジニアとして持っておくとよい資格と特徴

PCとモニター

こちらでは、Rubyエンジニアとして持っておくとよい資格をご紹介します。

Ruby Association Certified Ruby Programmer Silver version 2.1

(Ruby技術者認定試験Silver)

初級レベルの「Ruby技術者認定試験Silver」は、Rubyの基本知識や基本技術を証明する資格です。

試験では、Rubyの文法知識やクラス・オブジェクト、標準ライブラリの知識などが問われます。Rubyを学ぶ学生や初心者、システム開発者にぴったりの資格です。

Rubyエンジニアとして資格取得を目指す場合にもおすすめといえます。

Ruby Association Certified Ruby Programmer Gold version 2.1

(Ruby技術者認定試験Gold)

「Ruby技術者認定試験Silver」が初級者向けの認定資格であるのに対し、「Ruby技術者認定試験Gold」は、主に中級者向けの資格です。

標準添付ライブラリ知識や組込ライブラリの知識、アプリケーション設計に必要なクラスおよびオブジェクトの知識などを問う内容となっています。

Silverを取得したエンジニアや業務においてRubyを使用しているエンジニアには、ぜひ挑戦していただきたい資格です。

また、知識だけでなく、実践力を証明する内容ともなっているため、より応用力が問われる点についてはあらかじめ認識しておきましょう。

成果物を作っておくこともおすすめ

就職・転職の際に成果物があれば、企業に即戦力としての実力を示すことが可能です。

実際にコードを書き、WEBアプリケーションやWEBサイトを作っておくことをおすすめします。Rubyに対する理解が深まるのはもちろん、WEBアプリケーション・WEBサイト作成のノウハウも身につけることができるでしょう。

これらは、Rubyエンジニアとして必須の資格ではありませんが、現時点のスキルを証明するときに役立ちます。転職の際にも有利になることが多いため、ぜひ取得の際の参考にしてください。

在宅・テレワーク勤務歓迎!Rubyエンジニアの転職例を紹介

女性のエンジニア

Rubyエンジニアの転職における求人案件には、在宅やテレワーク案件も多数みられます。

また、ベンチャー企業でも多くの需要が見込まれるため、今後がますます楽しみな転職市場といえるでしょう。

こちらでは、転職例を取り上げ、どのような傾向を持つ方が転職を成功させているのか、ご紹介します。

独学でRubyを学び転職に成功

異業種での職務経験のみで、Rubyについてはまったくの未経験の状態から、エンジニアとして転職を成功させる方がいます。

実務としてのエンジニアの経験はないものの、自主制作アプリとしての成果物をアピールすることにより、採用に結びつけています。

他言語での実績と経験をアピールして転職に成功

Ruby未経験であっても、ポテンシャル採用を積極的に行っている企業もあるため、あきらめる必要はありません。

Rubyでの開発経験はないものの、多言語での開発実績と経験をアピールして転職を成功させた例もみられます。

Ruby以外のスキルを評価されて転職に成功

Rubyの経験が少ない場合でも、その他のスキルを評価されて転職に成功する事例が見られます。

インフラおよびWEBサーバーに関する知見など、Ruby以外の経験を積んでおくことで採用につながった事例もみられます。

実績を評価され転職に成功

過去のエンジニア経験やRubyでのプログラミング実績がそのまま評価され、転職につながるケースもあります。

特に即戦力を求める傾向の多いベンチャー企業では、実務経験の長さを評価され、そのまま転職につながる傾向がみられます。

Rubyエンジニアの求人例

Rubyエンジニアの求人を行っているのは、現在ではIT・通信、インターネット業界の企業だけではなく、新規自社サービスなどを展開する様々な業界の企業がRubyエンジニアの求人募集を行っています。

業務内容は企業によって様々ですが、例えば、アプリケーション開発をメインとして求人を出しているところも少なくありません。

具体的な業務内容としては、Rubyやその他のプログラミング言語を使用したアプリケーション開発や機能の追加、API・サービスとの連携、UI・UXの改善などが挙げられます。

求人に掲載されている「求めるスキル」「年収例」「福利厚生」などを参考に、ぜひ条件の合う企業を探してみてください。

Rubyエンジニアが持っておきたい資格を確認して転職を成功させよう

在宅やテレワーク案件も多く見られるRubyエンジニアで転職活動を成功させるには、「Ruby技術者認定試験」の取得がおすすめです。

Ruby初心者の方は「Silver」の取得を、経験者の方は「Gold」の取得を目指しましょう。

Ruby開発では、在宅・テレワーク勤務可能なRubyエンジニアの募集を行っています。全国各地でエンジニアが多数活躍していますので、Ruby開発のエンジニア求人にご応募ください。

コラム一覧:「Ruby on Rails」に関する豆知識

Ruby on Railsでシステム開発をお考えならRuby開発へ

社名 株式会社Ruby開発
代表取締役 芦田 秀之
代表挨拶
設立 2012年9月10日
資本金 4,550万円
事業内容 ■ Web種アプリケーション設計開発
■ 各種アプリケーション設計開発
■ 受託開発サービス
■ IoT系サービス開発
所在地 東京本社:
〒105-5117 東京都港区浜松町2-4-1 世界貿易センタービル南館17階

仙台オフィス:
〒983-0852 宮城県仙台市宮城野区榴岡3-4-18 オークツリー榴岡 602号室

大阪オフィス:
〒532-0011 大阪府大阪市淀川区西中島3丁目18番21号 6-D号室

福岡オフィス&Ruby ZONE:
〒812-0013 福岡市博多区博多駅東1-16-7 博多駅東尾崎ビル402,501

姫島本店:
〒872-1501 大分県東国東郡姫島村1681-2 姫島ITアイランドセンター2階

応接室(兼福利厚生施設):
〒108-0075 東京都港区港南3-6-21 コスモポリス品川

URL https://www.ruby-dev.jp/