【Ruby on Railsで開発】WEBアプリケーションやCMSとは?

Ruby on Railsで開発するWEBアプリケーションはユーザーによって構成される

Ruby on Railsで開発をお考えの方も多いかもしれません。そもそもWEBアプリケーションとはどのようなものか、ご存じでしょうか。

アプリという言葉は私たちの生活において一般的になりました。しかし、細かな定義まで知っている方は少ないです。こちらでは、WEBアプリケーション、フレームワークについて解説します。

WEBアプリケーションとは?

スマホ操作する男性

WEBアプリケーションとは、WEBブラウザ上で動作するアプリケーションのことです。

スマートフォンが一般的となった現在、アプリを知らない方はいないでしょう。LINEやTwitterなど、多くのアプリケーションがスマートフォンには搭載されています。そのWEB版がWEBアプリケーションです。

具体的なWEBアプリケーションはGmail、YouTube、Amazon、Netflixなどで、利用されている方も多いかもしれません。ここで重要になるのがWEBサイトとWEBアプリケーションの違いについてです。

基本的にユーザーが何かしらの行動を起こせるサイトは、すべてWEBアプリケーションと考えて問題ありません。一般的なWEBサイトは情報を参照することしかできず、ユーザーはそれにコメントをする程度です。

基本的には見ることが主な使い方となるでしょう。しかし、WEBアプリケーションはユーザーが主となって行動することができます。例えば、Gmailであればメールの送信、YouTubeは動画の投稿、Amazonなら商品の購入など、できることが非常に多いです。このように、ユーザーが行動を起こすことで成立するのがWEBアプリケーションというわけです。

WEBアプリケーションを開発するうえで、押さえておきたい言葉にCMSがあります。CMSとは、WEBページをまとめて作成・管理・運用するシステムのことです。WEBアプリケーションの種類の中に含まれています。

アプリケーションといっても様々で、パソコンにCMSをインストールして利用するタイプもあります。しかし、WEBアプリケーションはWEBサーバー上にCMSをインストールして利用するため、インターネット環境さえあればどこからでもコンテンツを作成したり、配信したりすることが可能です。

WEBアプリケーションはこのような仕組みで成立しています。基本的な構造となるので理解しておきましょう。

CMSと違う!フレームワークとは?

開発中のPC画面

Ruby on Railsで開発をする前にフレームワークという言葉について知っておきましょう。

フレームワークとは、WEBアプリケーション開発を行ううえで必要となる機能や骨組みをまとめたものです。WEBアプリケーション開発における土台となるのがこのフレームワークなのです。

フレームワークを使えば開発工程を大幅に短縮できるうえに、コードの書き方が統一されます。WEBアプリケーションは後からどんどん機能を追加していかなくてはいけません。YouTubeのような有名なアプリケーションにもいえますが、昔と今とで仕様が大きく違います。

その理由は次々とアプリケーションのアップデートをしているからなのです。その際にコードの書き方がバラバラだったらどうなるでしょうか。新しい機能を追加したいのに、前に書いたコードが理解できないということになりかねません。そうなってしまうと、機能を追加するのにかなりの労力が必要になります。それを防ぐために存在するのがフレームワークなのです。

便利な反面、欠点も存在します。それはカスタマイズ性に劣るという点です。

アプリケーションに搭載する機能によっては、ゼロからコーディングを行う必要もあるため、フレームワークさえ理解していれば問題ないということはありません。また、コーディングのような汎用性のある知識とは異なり、フレームワークは使用方法そのものを学習する必要があります。そのため、学習コストがかかってしまうというデメリットもあります。

これらの知識はRuby on Railsで開発をするうえで必要となるので、理解しておきましょう。

Ruby on RailsでWEBアプリケーションを開発するならRuby開発へ!

WEBアプリケーションの構成を理解することは、開発するうえで必要な知識です。これを軸にして、WEBアプリケーション開発が進んでいきます。

その他にも、必須となる知識はたくさんあるので、その都度理解を深めていくことは重要といえます。Ruby開発では、Ruby on Railsを主軸としたWEBアプリケーションやシステム開発などを承ります。

将来的なエンジニアの育成も踏まえ、エンジニアにとって開発しがいのある環境の構築を目標としています。Ruby on RailsでWEBアプリケーション開発をお考えの方は、Ruby開発をご利用ください。

コラム一覧:「Ruby on Rails」に関する豆知識

Ruby on Railsでシステム開発をお考えならRuby開発へ

社名 株式会社Ruby開発
代表取締役 芦田 秀之
代表挨拶
設立 2012年9月10日
資本金 4,550万円
事業内容 ■ Web種アプリケーション設計開発
■ 各種アプリケーション設計開発
■ 受託開発サービス
■ IoT系サービス開発
所在地 東京本社:
〒105-5117 東京都港区浜松町2-4-1 世界貿易センタービル南館17階

仙台オフィス:
〒983-0852 宮城県仙台市宮城野区榴岡3-4-18 オークツリー榴岡 602号室

大阪オフィス:
〒532-0011 大阪府大阪市淀川区西中島3丁目18番21号 6-D号室

福岡オフィス&Ruby ZONE:
〒812-0013 福岡市博多区博多駅東1-16-7 博多駅東尾崎ビル402,501

姫島本店:
〒872-1501 大分県東国東郡姫島村1681-2 姫島ITアイランドセンター2階

応接室(兼福利厚生施設):
〒108-0075 東京都港区港南3-6-21 コスモポリス品川

URL https://www.ruby-dev.jp/