Rubyプログラマーに転職!リモートワークで身につけたい能力とは?Rubyプログラマーに転職!

Rubyプログラマーの転職・リモートワークで身につけておきたい能力を確認!

Rubyプログラマーが転職する際に身につけておきたい能力は、プログラミングスキルだけではありません。

こちらでは、リモートワークに向いているプログラマーの特徴や、仕事をするにあたって必要なスキルについてご紹介します。

リモートワークが向いているプログラマーの特徴

プログラミングのPC画面

Rubyプログラマーとして働く場合、オフィス勤務だけでなく、リモートワークでの勤務を希望する方も多いでしょう。どのような方がリモートワークに向いているのでしょうか。

こちらでは、リモートワークに向いているプログラマーの特徴についてご紹介します。

指示待ちではなく自発的に動ける

リモートワークを円滑に遂行するには、疑問点がある場合に自分から積極的に質問できる力が必要となります。

相手からの指示待ちでは思うようにコミュニケーションがとれず、効率が悪くなる可能性があります。

自発的に行動を起こせるプログラマーであれば、リモートワークに適しているといえるでしょう。

孤独感に耐えられる

リモートワークを行う際には、孤独感に耐えられなければなりません。

メールやチャット、オンライン会議を除いては他人と話すこともなく、基本的に一人で仕事を進めることが多いため、オフィス勤務と同じようにコミュニケーションを取る場面も少なくなるためです。

どうしても孤独に耐えられないという場合は、コワーキングスペースなどを活用するのもおすすめです。

自己管理ができる

自己管理能力は、リモートワークを成功させるために必要となる能力です。

1日中仕事をし続けたり、逆に何もせず1日を終えてしまったりすることのないよう、オンオフをつけながら仕事を進めていくとよいでしょう。

また、リモートワークでは、月・週・日単位でやるべき仕事や時間を決めたうえで、仕事を遂行することが重要となります。

集中できる場所の確保と整備

リモートワークを行うにあたり、自分自身が一番集中できる場所を確保することも大切です。

集中できる環境は人それぞれ異なり、自宅が適している方もいれば、少しくらい雑音があるほうが集中できるタイプの方もいらっしゃいます。その場合、自宅だけでなく、レンタルスペースなどが選択肢に上がります。

機密情報などを扱うのであれば、完全個室でプライバシーが確保されたビジネスホテルやウィークリー・マンスリーマンションなども候補の一つです。

また、自分の仕事に支障が出ないよう、通信速度やセキュリティ対策などの整備も必要です。

家族の協力と理解

快適なリモートワークを行うためには、家族の協力と理解が必要不可欠です。リモートワークは柔軟な働き方として注目される一方、家族間トラブルが発生するケースも少なくありません。

家族に負担をかけることも多いからこそ、話せる範囲で仕事内容や働き方を説明する、勤務スケジュールを共有する、仕事に使うスペースを決めるなど、事前に話し合って理解を得るようにしましょう。

リモートワークで仕事をする環境が整っている

リモートワークで仕事をする場合、最低限の作業環境を整える必要があります。Wi-Fi環境やパソコンはもちろんのこと、長時間の作業に適した机や椅子の準備も必要です。

また、リモートワークではオンライン会議を行うことも多いため、カメラとマイクがあらかじめ内蔵されているパソコンを選んでおくとよいでしょう。

リモートワークのためにプログラマーが身につけたいスキル

リモートワークのプログラマー

リモートワークを行うにあたって、プログラマーが身につけておきたいスキルをご紹介します。

より高度なプログラミングスキル

リモートワークでプログラマーとして働くにあたり、成果物が重視される傾向があります。

日頃からプログラミングスキルを磨き、より向上させていくように、自己研鑽を行う必要があります。また、リモートワークはオフィス勤務と異なり、周りの人に気軽に質問することが難しいため、意識的に学ぼうとする姿勢が大切です。

現状、高いスキルを持っているプログラマーでも、さらなる努力を続け、上を目指すべくスキルアップしていくことが重要となります。

オンライン上のコミュニケーション能力

リモートワークの場合、どうしても対面と比較して意思疎通が難しくなるため、問題を抱え込んでしまいがちになります。

その結果として、業務効率の悪化やモチベーションの低下につながる可能性もあります。このようなことを防ぐためにも、オンライン上におけるコミュニケーション能力も磨いておきたいです。

メールやチャットといったツールを用いながら、リモートワークでも積極的な意思疎通を図りましょう。

自己管理できる能力

リモートワークでは、自己管理できる能力が備わっているか否かが重要となります。自分自身で勤務時間や作業内容を管理し、そのとおりに業務を遂行することが、リモートワークで働き続けるうえでは大切です。

勤務場所や時間が自由であるがゆえに、自分を律する力が必要と意識しておきましょう。

Rubyプログラマーへの転職ならRuby開発!

Rubyプログラマーへ転職する場合、リモートワークで仕事ができる環境を整え、能動的に動ける能力や自己管理能力を身につけておくことがポイントです。

また、これまで以上にプログラミング能力やコミュニケーション能力を磨く必要もあるでしょう。Ruby開発では、Rubyプログラマーへの転職や就職を希望する方の応募をお待ちしています。

在宅勤務制度を採用しており、リモートワークで活躍するRubyプログラマーも多数在籍しています。プログラマーとして働きたいとお考えの際は、Ruby開発までお問い合わせください。

コラム一覧:「Ruby on Rails」に関する豆知識

Ruby on Railsでシステム開発をお考えならRuby開発へ

社名 株式会社Ruby開発
代表取締役 芦田 秀之
代表挨拶
設立 2012年9月10日
資本金 4,550万円
事業内容 ■ Web種アプリケーション設計開発
■ 各種アプリケーション設計開発
■ 受託開発サービス
■ IoT系サービス開発
所在地 東京本社:
〒105-5117 東京都港区浜松町2-4-1 世界貿易センタービル南館17階

仙台オフィス:
〒983-0852 宮城県仙台市宮城野区榴岡3-4-18 オークツリー榴岡 602号室

大阪オフィス:
〒532-0011 大阪府大阪市淀川区西中島3丁目18番21号 6-D号室

福岡オフィス&Ruby ZONE:
〒812-0013 福岡市博多区博多駅東1-16-7 博多駅東尾崎ビル402,501

姫島本店:
〒872-1501 大分県東国東郡姫島村1681-2 姫島ITアイランドセンター2階

応接室(兼福利厚生施設):
〒108-0075 東京都港区港南3-6-21 コスモポリス品川

URL https://www.ruby-dev.jp/