【Railsの開発依頼】システム・アプリケーション開発が可能!Rubyの歴史も解説

Railsでシステム・アプリケーション開発!開発案件のタイプや歴史とは?

Rails開発のRailsとは、Ruby on Railsの略称です。RoRなどと表現されることもあります。そのRuby on Railsでシステムやアプリケーションなどの開発を検討している方もいらっしゃるでしょう。しかし、開発しようと思っているシステムがRuby on Railsに適しているか、不安という声も少なくありません。

実際にフレームワークを使った経験がないと判断するのは難しいです。こちらでは、Ruby on Railsがどのようなシステムに使われているのか、歴史と併せてご紹介します。

Ruby on Railsはどのシステム・アプリケーション・CMS開発に最適?

ペンでPCの画面を差す開発者

Ruby on Railsは以下のようなシステムやアプリケーション、CMS開発に適しています。

WEBサービスのプロトタイプ

Ruby on Railsには素早く開発ができるという特徴があります。そのため、構想段階のWEBサービス開発によく使われています。クラウド会計サービスとして有名なfreeeも、プロトタイピング段階でRuby on Railsを使っていました。

そのため、これから新しくWEBサービスを始めたいとお考えの方は、まずRuby on Railsを使ってWEBを構築することをおすすめします。全体像を把握しやすくなり、足りない機能や仕様などを見直すことができるようになります。

社内業務システム

社内業務システムを独自に開発している企業は多いでしょう。いろいろな業務が存在するため、必然と社内業務システムには多数の機能が必要になります。

Ruby on Railsは少ないコードで直感的に記述できるため、社内業務システムの構築や要件変更などにも短期間で対応できます。社内業務システムの開発にも適しているので、社内業務が煩雑で手間がかかっているという場合は、導入を検討してみてください。

新規のWEBサービス

日本ではPHPを用いたWEBサービスが非常に多いです。今までPHPを使ってきたWEBサービスでもRubyに置き換えたいという相談を受けることもあります。Ruby On Railsにおいては新規WEBサービス開発で利用される機会が多いフレームワークであることは間違いありません。

Ruby on Railsを使うと短いコードで開発できるので、作業にかかる労力が少ないという点が魅力です。WEBサービス開発には、かなりの業務量が発生するものです。Ruby on Railsを活用することで、業務量の大幅な削減や効率化につながります。さらに簡単にWEBサービス開発ができることも特徴です。

Ruby on Railsの歴史から知るWEB業界におけるRubyの進化

タブレットを見ながら会議している開発者

Ruby on Railsが利用されるようになった背景には、プログラミングの歴史が密接に関係しています。

PerlやPHP(3,4)の欠点を補うためにフレームワークが生まれた

まず、プログラミングの原始時代における開発言語は、PerlやPHP(3,4)が主流でした。

これらは冗長で拡張性のないコードを量産したため、管理コストが非常に高いという欠点を抱えていました。それを補うべく開発されたのが、数々のフレームワークです。

しかし、その当時に開発されたフレームワークはどれも熟練度が低く、安定的な開発が難しい面がありました。開発を安定させるためには、基盤がしっかりしているフレームワークが欠かせません。そこで生まれたのがSymfonyやZend Frameworkなどです。

ライブラリも過渡期を過ぎて安定したので、プログラミングは一時的な成熟期へと差しかかります。このあたりからフレームワークを使ったプログラミングが一般的となりました。

WEB開発が体系化し、開発手法は進化している

そしてWEBシステム開発は体系化していきます。大規模システムや基幹業務システムなどに軽量プログラミング言語が採用されるようになると、デファクトスタンダードとして信頼がおける開発手法としてRuby on Railsも流通し始めます。

その後、スマートフォンが普及してWEBに求められるものが変わっていきました。クラウド技術の活用も進み、Ruby on Railsではマルチプラットフォームに適した機能を搭載するなど、さらなる進化を遂げていきます。

最終的にWEBアプリケーションプラットフォーム化は進み、Ruby on Railsもそれに応じて新しいトレンドを取り入れています。同じ技術だけに頼っているのではなく、現代に対応できるように変化しているのがRuby on Rails最大の強みといえるでしょう。

Ruby on Rails開発は常に変化し続けている!

WEBは求められている内容が常に変化し続けています。それに適応するためには、フレームワークも都度変化しなくてはいけません。Ruby on Railsは常に最新の環境に適応できるため、現代に適したフレームワークといえるでしょう。

Ruby開発は、Ruby on Railsを主軸とした開発に特化した会社です。全国に拠点を持ち、リモート開発のノウハウも有しています。Ruby on Railsでのシステムやアプリケーションなどの開発をお考えの方は、ぜひご利用ください。

コラム一覧:「Ruby on Rails」に関する豆知識

Ruby on Railsでシステム開発をお考えならRuby開発へ

社名 株式会社Ruby開発
代表取締役 芦田 秀之
代表挨拶
応募者へのメッセージ
対談 インタビュー

 KENJA GLOBAL(賢者グローバル) 株式会社Ruby開発  芦田秀之
設立 2012年9月10日
資本金 4,550万円
事業内容 ■ Web種アプリケーション設計開発
■ 各種アプリケーション設計開発
■ 受託開発サービス
■ IoT系サービス開発
所在地 姫島本社:
〒872-1501 大分県東国東郡姫島村1681-2 姫島ITアイランドセンター2階

東京本社:
〒105-5117 東京都港区浜松町2-4-1 世界貿易センタービル南館17階

仙台オフィス:
〒983-0852 宮城県仙台市宮城野区榴岡3-4-18 オークツリー榴岡 602号室

大阪オフィス:
〒532-0011 大阪府大阪市淀川区西中島3丁目18番21号 6-D号室

福岡オフィス&Ruby ZONE:
〒812-0013 福岡市博多区博多駅東1-16-7 博多駅東尾崎ビル402,501

応接室(兼福利厚生施設):
〒108-0075 東京都港区港南3-6-21 コスモポリス品川

URL https://www.ruby-dev.jp/