Ruby on Rails開発・API作成・オフショア開発の前に!MVCやDRYとは?

Ruby on RailsでAPI作成やオフショア開発!MVCやDRYの意味とは?

Ruby on Railsで開発をお考えの方で、今までプログラミングに触れてこなかったという方もいらっしゃるでしょう。

Ruby on Railsを使った開発は、一般的なフレームワークと変わりません。しかし、基本的な考え方に対する理解を深めておくことで、自分が作りたいと思うWEBアプリケーションの開発に取り組めます。

こちらでは、Ruby on Railsの特徴であるMVCやDRYについてご紹介します。

Ruby on Rails開発の特徴~MVCについて~

PCを操作する手元

Ruby on Railsの特徴にMVCというものがあります。MVCとはModel、View、Controllerの頭文字をとった言葉です。それぞれに独立した役割があります。Ruby on Railsで作られるWEBアプリケーションは、このMVCという設計に沿って作られています。

Model

Modelはデータベースに対してデータの登録や取得、更新、削除などを行う役割を有しています。WEBアプリケーションには複数のデータが登録されます。

利用する方の個人情報やどの端末からアクセスしたのかなど、与えられる情報の数は非常に多いです。それらを管理しているのがModelです。

View

Viewはブラウザに表示される画面を作成するものです。一般的にはHTMLファイルではなく、html.erbファイルにRubyのコードを読み込ませてデータ表示をしています。

どのようなWEBアプリケーションでも、画面に情報が表示されないことには使えません。その画面を作る役割を担っているのがこのViewなのです。

Controller

最後にControllerです。Modelで管理をしているデータをViewに渡すといった役割を担っています。ModelとViewはそれぞれ独立したシステムですが、Controllerによってつなげることができます。

MVCはそれぞれ独立した開発が可能

WEBアプリケーション開発において、これらのシステムは独立して開発することができます。WEBアプリケーションの内容が複雑になればなるほど、作業は困難になります。分業して作業を進めていかなくては、いつまで経ってもアプリケーションを作ることができません。

MVCモデルであれば、それぞれのシステムを分業して開発することができるので、作業効率が飛躍的に上昇します。

また、仕様変更の際にもゼロから内容を見直す必要がありません。仕様変更がどのシステムに相当するのか理解していれば、その部分だけ変更することができます。これがMVCモデルの強みなのです。

Ruby on Railsの特徴~DRYについて~

開発について相談する男女

MVCモデルと同様にRuby on Railsの特徴としてあげられるのがDRYです。

「Don’t Repeat Yourself」の頭文字をとったものであり、繰り返しを避けるという意味があります。

仕様変更に対応しやすいWEBアプリケーションが理想

WEBアプリケーションは様々な処理を行っています。処理を行うために開発者はコードをWEBアプリケーション内に記述します。そこで同じ記述を繰り返してしまうと、仕様変更が起こった際に複数箇所で書き直しが発生してしまいます。

一箇所を書き換えればすべての箇所が変更されるプログラムを組むのが理想です。それを意識することで質の高いアプリケーションが生まれていくのです。

WEBアプリケーション開発はDRYを意識することが大切

複数の処理を一つにまとめることで実現可能です。もちろん、すべてのパターンにおいて適用できるとは限りません。しかし、DRYを意識してWEBアプリケーション開発を行うのと、何も意識せずに行うのとでは、開発したアプリケーションに雲泥の差が生まれてしまうのです。

この考え方は、Ruby on Railsに限った話ではありません。プログラミングの世界においてはごく一般的な話です。プログラミングの世界で仕事をするうえで、基礎中の基礎ともいえる非常に重要な考え方といえます。

Ruby on RailsによるAPI作成・オフショア開発などの相談も可能!

Ruby on Railsで開発をする場合であっても、プログラミングに対する基本的な考え方は他の方法と何も変わりません。

WEBアプリケーションの開発では、仕様の変更などを求められることが多いです。様々なニーズに対応しやすいプログラミング言語を活用し、WEBアプリケーション開発の強化につなげていきましょう。

Ruby on Railsは、柔軟な修正・変更を求められることの多いWEBアプリケーション開発業界の中でも、非常に相性のよい言語です。

Ruby開発では、Ruby on Railsをメインとしたシステム設計やインフラの構築、品質向上などの開発支援を行っています。Ruby on RailsでWEBアプリケーション開発をお考えの方は、Ruby開発にご相談ください。

コラム一覧:「Ruby on Rails」に関する豆知識

Ruby on Railsでシステム開発をお考えならRuby開発へ

社名 株式会社Ruby開発
代表取締役 芦田 秀之
代表挨拶
応募者へのメッセージ
対談 インタビュー

 KENJA GLOBAL(賢者グローバル) 株式会社Ruby開発  芦田秀之
設立 2012年9月10日
資本金 4,550万円
事業内容 ■ Web種アプリケーション設計開発
■ 各種アプリケーション設計開発
■ 受託開発サービス
■ IoT系サービス開発
所在地 姫島本社:
〒872-1501 大分県東国東郡姫島村1681-2 姫島ITアイランドセンター2階

東京本社:
〒105-5117 東京都港区浜松町2-4-1 世界貿易センタービル南館17階

仙台オフィス:
〒983-0852 宮城県仙台市宮城野区榴岡3-4-18 オークツリー榴岡 602号室

大阪オフィス:
〒532-0011 大阪府大阪市淀川区西中島3丁目18番21号 6-D号室

福岡オフィス&Ruby ZONE:
〒812-0013 福岡市博多区博多駅東1-16-7 博多駅東尾崎ビル402,501

応接室(兼福利厚生施設):
〒108-0075 東京都港区港南3-6-21 コスモポリス品川

URL https://www.ruby-dev.jp/